頭皮の乾燥にも潤いが必要

頭皮のフケや痒みで悩まされている人は、乾燥が原因となっている可能性がとても高いです。
乾燥は肌には良いものではありません。
お肌が乾燥すると、肌が固くなりますのでダメージをダイレクトに受けてしまいます。
軟らかい方がダメージを吸収出来ますが、固いとダイレクトに受けてしまいます。
そのような状況ですので、痒みを感じて、掻くと、肌に大ダメージを与える事になってしまいます。

このようなフケや痒みを防ぐためには、潤いが必要になります。
痒いからと水で洗う人もいるのですが、一時しのぎとしては良いのですが、結局乾いてしまえば元の木阿弥です。
再び痒さが待っています。

頭皮にもまた、潤いがとても大切なのですが、頭皮に潤いをもたらすためにはシャンプーが大事です。
アミノ酸系のシャンプーが良いと言われているので、フケや痒みで悩まされている人は、アミノ酸系のシャンプーを使ってみると良いでしょう。
ラフィーシャンプーもアミノ酸系シャンプーです。
潤い十分なので、頭皮の潤いを保ちます。

石油系シャンプーや石鹸系シャンプーの場合、洗浄力はとても高いのですが、洗浄力の高さ故、乾燥を引き起こしてしまいます。
頭皮もお肌ですが、お肌には脂分があります。
「テカっている」等と揶揄される人もいますが、脂分は「乾燥を防ぐ」という点ではとても有意義なものです。
アミノ酸系シャンプーの場合、シャンプーの保湿成分もありますが、脂分を必要以上に落としません。

一方、石油系シャンプーや石鹸系シャンプーの場合、高すぎる洗浄力のおかげで、脂分まで落としてしまいます。
脂分は、本来は必要なものです。
必要なものを洗い落としてしまいますので、結果、乾燥で悩まされる事になるのです。
シャンプーを力任せに行っている人は、「洗浄力が高い方が良い」と思うかもしれません。

ですが、シャンプーは力任せに行うのではなく、洗浄力を活かして泡の力で落とすのです。
力任せなシャンプーは、自己満足度も高いでしょう。
その場では爽快感もあるでしょう。
ですが、頭皮の乾燥を招き、ダメージを与える事になります。
ひいては抜毛や薄毛の原因にもなります。
ラフィーシャンプーは、自然な洗浄力で汚れだけを落とします。

また潤い成分も含まれています。
乾燥させる原因がありませんので、潤いをもたらしてくれます。

軟らかい頭皮の方が血行も良くなります。
フケや痒みで悩んでいる人は、ラフィーシャンプーに変えてみるのも良いかもしれません。