ストレスが原因で白髪は増える?

白髪があるだけで、見た目の印象がグっと老けてしまいます。
でも、30代以上になると男性女性を問わず、白髪で悩む人が多くなるもの。
さて、白髪になる原因もさまざまありますが、中でもストレスが原因で白髪が増えるという噂は本当なのでしょうか。

結論から言えば、ストレスが原因で白髪が増えることは十分に考えられることです。
白髪は、毛根で毛が作られるときに黒いメラニン色素が何らかの理由で作られないままになった状態で発生します。

では、どうしてメラニン色素が作られなくなってしまうのか、ということなのですが、実は、まだ原因ははっきりとは解明されていないのも事実なのです。
でも、毛根に大きなダメージがあると、髪が作られるときに負担になって白髪になることは理屈としても通るわけですね。

また、頭皮にとっては洗浄力や刺激が強すぎるシャンプーを使っていることも、大きなストレスになることを知っておきましょう。
頭皮は、大変にデリケートです。
特に女性の頭皮は、男性と比べて皮脂の分泌量が少ないことが判明しています。
でも、最近は、清潔を意識し過ぎる人が多くて、シャンプーの洗浄力を重視したり回数を多くしたりすることで、皮脂を取り過ぎたり刺激を与え過ぎたりして、頭皮にストレスを与えてしまっていることが多いのです。

頭皮にストレスがかかると、正常な新陳代謝ができません。
すると、本来髪に必要な栄養が行き渡るはずのところが滞ってしまって、白髪が増えてしまうというわけです。
また、ストレスがあると頭皮に力が入ってしまうので、血行も悪くなります。
このことが、ますます頭皮環境を悪化させて白髪を増やすことにつながってしまうのです。

いずれにしても、白髪に悩んでいる人は、とにかく頭皮に大きなストレスをかけないようにすることが大切です。
まずは、普段のヘアケアの見直しをしましょう。
使用しているシャンプーの洗浄力が強すぎたり刺激が強すぎたりするものから、ラフィーシャンプーのようなマイルドな洗い上がりで頭皮や髪に良い成分をたっぷり含んだ物に変更してください。
ラフィーシャンプーは世間でも人気があるので、おすすめです。

さらに、髪に良い栄養をたっぷり含んだ食べ物を多く食べるようにしましょう。
髪に良い栄養は、タンパク質・ビタミン類・ミネラル類です。
パンやご飯、パスタ等ばかりを食べず、肉や魚・野菜や果物を多く食べるようにしてください。
また、白髪の人は貧血気味というデータもありますから、貧血防止に効果的なレバーなどを意識的に摂ると良いでしょう。

白髪になった髪を元に戻すのは難しくても、現在以上に進ませたくないのなら、頭皮にストレスをかけないことを意識して過ごしましょう。