ラフィーシャンプーで髪がきしまないの?

ラフィーシャンプーはノンシリコンなので、もしかしたら髪がきしんだりしないのかという不安を抱える人もいるかもしれませんね。
今は、とてもたくさんのシャンプーが売られていて、指通りが滑らかになるものも多くありますよね。
たとえば「洗うだけで指通りが滑らかになるシャンプー」のようなキャッチコピーも、よく耳にすることでしょう。
たしかに、市販のシャンプーで髪を洗うと、つるつると指通りが良くなったりしっとした感じに仕上がったりするような気がします。

でも、実はシリコン入りのシャンプーは、髪をシリコンでコーティングしていることで指通りが良くなったと錯覚させているだけにほかならないのです。
指通りが良くなった気がするのは、すべてシリコンで作られた手触りだったということですね。

ですから、ラフィーシャンプーを使い始めたころは、もしかしたら今までよりも髪がきしむような気がすると感じるかもしれません。
特に、シリコン入りのシャンプーに慣れている人ほど、どうしても髪がきしんでいると感じるようです。
でも、これが本来の状態であることを覚えておいてください。
ラフィーシャンプーはノンシリコンですから、髪をコーティングするシリコン成分が入っていないのです。
そのため、洗い上がりの髪がシリコンでコーティングされていない状態になります。

でも、きしんでいる気がするというだけで、実際には必要な栄養分がたっぷり与えられている状態なので、問題はありません。
ラフィーシャンプーには、ミネラルたっぷりの沖縄・久米島の海洋深層水が使われていたり、沖縄のもずくエキスやヤシ油など天然の良い成分がたっぷり配合されています。
それに、髪や頭皮に負担がかかるような添加物も入っていません。
さらに、実際使ってみた人の感想では、髪がしっとりとまとまるようになったという声がとても多いことからもわかるでしょう。

今までよりは、多少きしむ気がするかもしれませんが、本当の意味で髪が洗い上がっているという意味にもなるのです。
洗い上がりは今までと比べてきしんでいるように感じても、乾いたあとはむしろしっとりとまとまっていることを感じるはずです。
シリコン入りのシャンプーは、髪をコーティングするだけでなく、頭皮もコーティングしてしまいます。
もしシャンプーに良い成分が入っていても頭皮は十分に栄養を取り込むこともできなくなるでしょう。

シリコン成分が入っていないことは、髪に良いだけでなく、頭皮の呼吸を妨げないことが良いのです。
今まで、シリコン入りのシャンプーに慣れてしまった人にはきしむと感じるかもしれませんが、それは本当にきしんでいるのではありません。
髪本来の素の状態に戻って、髪がいきいきとしている状態なのです。
どうしても気になる人は、ラフィーシャンプーの後にラフィートリートメントを使用することで、きしみ感も気にならないのでおすすめです。