ホルモンバランスと女性の髪

ホルモンバランスと女性の髪には、大変深い関係があります。
それでは、どのような関係があるのか具体的にお話していきましょう。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、髪の健全な成長を促したり、成長期間を維持させたりする働きを持ちます。
一般的に、男性に薄毛で悩む人が多いのはエストロゲンが少ないせいとも言われます。
エストロゲンは、女性に多く分泌されることが特徴の性ホルモンですが、男性にはもともと分泌量が少ないからですね。

しかし、女性も何らかの原因でホルモンバランスが崩れることがあります。
たとえば、ストレスや病気、生活習慣の乱れなどでホルモンバランスが乱れると、髪にも大きな影響が出ることはたやすく想像できるでしょう。
ちょっとしたことで影響を受けてしまうので、気を付けないといけません。

さらに、一般的に40歳前後以降の更年期と呼ばれる時期になると、女性もエストロゲンの分泌量が急激に低下します。
これが、ホルモンバランスの乱れとなり、いわゆる更年期障害の原因となるんですね。
また、女性でも抜け毛や薄毛に悩む人が多くなるのも更年期に多くなるのも納得です。
エストロゲンは髪の成長に欠かせないホルモンですから、それが減ってしまうことが大打撃となるのです。

でも、ホルモンバランスは普段の生活を意識して過ごすことで適切に保つことも可能です。
たとえば、栄養バランスの整った食事・良質の睡眠を取ること・適度な運動・ストレスを溜めないこと、などを実行するとホルモンバランスの崩れは少なくできると言われています。
女性の多くが行うダイエットも、体への影響を考えると好ましくありません。

髪の健康を保つためにも、普段からホルモンバランスを意識した生活を送るようにしましょう。
もちろん、髪のケアも髪に良い物を使うことが大切です。
ホルモンバランスを整える生活を送っても、髪に良くないヘアケア製品を使っていたり、間違ったケアを続けたりすることは止めましょう。
市販のシャンプー類の多くは、泡立ちや見かけだけの使い心地を重視した結果、実はかえって頭皮や髪に悪影響を及ぼす恐れもあるのです。

たとえば、ラフィーシャンプーのように頭皮や髪に負担が少ない良質のものを選ぶことをおすすめします。
ラフィーシャンプーのように頭皮や髪に良いシャンプーは、使い続けていくうちにその良さがじわじわと実感できるものです。
女性の髪と関係の深いホルモンバランスに気を配ると同時に、適切なヘアケアで頭皮と髪を良い状態に保つように努力しましょう。