洗えば洗うほど皮脂が気になるのはなぜ?

ちゃんとシャンプーしているのに何故か頭皮が脂っぽくなってしまう、そんな悩みを持っている人はたくさんいるでしょう。
皮脂がたくさん分泌されて頭皮がベタついていると見た目にもよくありませんし、周囲ににおいがしていないだろうかと気になってしまうものよね。

ベタつく皮脂が気になった場合、皆さんはどのように対策をしていますか?
もっと一生懸命ゴシゴシ洗ってみたり、洗浄力の強いシャンプーに変えてみる、または、シャンプーをする頻度を増やしてみるなどの対策を行っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、これらの方法で改善されたという人はいないのではないでしょうか。
洗えば洗うほどむしろ悪化しているような気がするという人もいると思います。
何故なら、これらの行為はかえって皮脂を過剰に分泌させる行為につながってしまうからです。

頭皮の皮脂のベタつきで悩んでいる人は、皮脂を悪いものと捉えてしまいがちですが、皮脂は頭皮には欠かすことが出来ないものです。
皮脂は頭皮のバリアのような役割となって、外部から異物が入ってこないようにしたり、乾燥を防いだりしてくれます。
また頭皮だけでなく毛髪もコーティングして守ってくれますし、見た目もツヤが出てくるのです。

このように皮脂は毛髪や頭皮にとってすごく大切なものです。
よって、皮脂が足りなくなってしまっていると体内から皮脂が分泌されてきます。
何度も何度も洗っていると、皮脂が全然足りなくなってしまうので、体内からもっと皮脂を分泌しなければと、過剰に皮脂が分泌されるようになってしまうのです。

よって、皮脂のベタつきを何とかしようとする際には、皮脂を全て取り除こうというのではなく、正しい皮脂の量に戻すことを意識なければいけないのです。
そのため洗浄力の強いシャンプーを使用することは、必要な皮脂まで洗い落とす行為となってしまうので、よくありません。
そのようなシャンプーを使用している人は、ラフィーシャンプーのようなアミノ酸系シャンプーを使用することをおすすめします。

ラフィーシャンプーであれば必要な皮脂を洗い落とすことなく、頭皮の汚れや無駄な皮脂だけを落としてくれるでしょう。
また、肌や髪に近い成分が使用されているので、低刺激で髪がベタつくなどの頭皮トラブルを持っている人でも安心して使用することが出来るシャンプーです。
間違った対策をしていたという人は、洗髪の頻度を減らしてラフィーシャンプーを使用してみてはいかがでしょうか。