カラーリングによる髪のダメージと対策

今回は、カラーリングによる髪のダメージと対策について、考えてみましょう。
髪をカラーリングするおしゃれは、とても楽しいものですよね。
顔色をパっと明るく見せてくれたり、軽やかな印象を与えてくれたりしますからね。
しかし、度重なるカラーリングは、髪にとって大きな負担となっていることを認識してください。

実際、髪がパサついて広がったり、枝毛ができたりするなどのダメージに悩まされる人はとても多いものです。
それでも、カラーリングをやめたくないという場合はどうすれば良いのでしょうか。

カラーリングを行った髪は、顕微鏡で見ると髪の表面がスカスカの状態になっています。
というのも、カラーリングを行うときには髪の表面にあるキューティクルを開かせて、そこから色を髪の内部に入れているからですね。
なので、髪が毛羽立ったようになっているようなものなのです。
もちろん、カラーリング後に丁寧なケアを続けていれば良いのですが、美容院で行うようなレベルでの丁寧なケアはなかなか難しいのも事実でしょう。

まずは、普段使っているシャンプーから見直してみることをおすすめします。
特に、カラーリング後の髪のダメージが心配な人は、普段使うシャンプーにも気を遣ってみてください。
一般的によく使われているような、洗浄力が強くて洗い上がりがさっぱりするタイプのシャンプーは、頭皮や髪に刺激が強すぎたり、余分な皮脂や髪の成分まで奪い取ったりしてしまいます。
特に、カラーリング後の髪にとっては、大きな痛手となるでしょう。

カラーリング後の髪は、とてもデリケートなので、髪をいたわる成分が豊富に配合されているシャンプーに替えてください。
たとえば、ラフィーシャンプーもひとつの候補となるでしょう。
ラフィーシャンプーのような、合成添加物やシリコンを配合していないアミノ酸系シャンプーは、頭皮や髪に大きなダメージを与えることがありません。
また、頭皮の皮脂を取り過ぎないことで毛穴詰まりを防ぎ、本来の健康な状態に導いてくれるので髪にも栄養が行き渡りやすくなります。

また、きちんとトリートメントをすることも大切です。
カラーリング後の髪は、どうしても髪内部のタンパク質が流れ出てしまいがちになります。
良質のトリートメントを使うなどして、外側からもケアしましょう。

そもそも、普段から適切なヘアケアができている健康な髪ならば、カラーリング後の色持ちも良く、その上ダメージにも強くなります。
本当は、カラーリングをしない方が良いとは言え、今後もカラーリングのおしゃれを楽しみたい人は健康な髪作りに努力することも大切でしょう。